本の記録
読書感想文。
admin


http://jugem.jp/
http://biancca.net/
月と蟹
08月 22日 * 00:56 * 道尾 秀介 *
-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
道尾秀介の小学生小説。
小学生が主人公の小説です。
子供の小説を描いたことがない、と、何かのインタビューで言っておられましたが、
私結構道尾秀介は子供を描いている印象があってちょっと意外。

向日葵の咲かない夏なんかも主人公は子供だった気がする、が、あれはまた特殊なのかな。

どうにもこうにも息苦しい思いを抱えて生きている小学校5年生の3人の子どもたち。
小学校5年生って一つの節目だと思います。
その辺りから思春期に突入する雰囲気。
ものすごく微妙な年齢です。5年生。

生きている人も死んでいる人も、10歳ってのがひとつの節目だと言われるそうです。
10歳までは片時も親のそばを離れられないのだけれど、10歳になるととりあえず一人立ちする、と。
親離れ子離れって色々な段階があると思うのですが、わかりやすく一歩踏み出すのがこの10歳っていう年齢なのじゃないかな。
小学校5年生は10歳〜11歳の子どもです。

親の人間らしい面が見えてきたり気づいたりし始める年頃。

私は子どもが自由だなんて絶対に信じていないし、親に扶養されていなければ生きていけない子どもという時代はものすごく窮屈な時代だと思っています。
少なくとも私は、子ども時代に自由を感じたことはありませんでした。
自由ではないということが理解出来ていなかっただけで、子どもの時代のことを思い出せば、今でもとても窮屈で息苦しい気持ちでいっぱいになります。

声を出して笑うということがこんなに気持ちいいのか!っていう発見をしたのが小学校6年の頃です。
それまで何かを見て声を上げて笑うってことをしたことがなかったんだと思う。
今でも忘れません。マネーピットっていう映画のビデオを見て、アホみたいに爆笑したのでした。
あれから私は少し変わったな……。

私のことは置いておいて、この小説に出てくる子どもたちは私が子どもの頃に抱えていた窮屈さや息苦しさを目一杯感じているし背負っている。子どもっていうのは無力で、そういう環境から抜け出したいと思ったって自分だけではどうにもならないのです。

自分にとってかけがえのない、特別な存在である母親の女の一面を見てしまった時から主人公の息苦しさは炸裂します。よくそこまで頑張ったよあんた……と思う気持ちと、お母さんだって一人の人間なのだから……という気持ちがぐちゃぐちゃしたのは、私が女だからなのかもしれない。母親の恋愛相手である男性は、同級生の女の子の父親で、同級生の女の子はその辺のことをきちんと受け止めているのだから。面白くないけれどもお父さんのことを考えたら……という、オトナの考え方をする。これは男の子と女の子の差だろうなあと思うわけです。

当然、かなりの個人差がありますから、誰でもがそうだというわけではないですが。

父親から虐待を受けている主人公の親友も本当に呼吸できなくなるよ!っていうくらいしんどい暮らしをしている。

彼らはなんとかその日常に溺れないように、自分自身を保つために、必死になる。
主人公が一度溺れかけるその、暗くて黒い世界。

全体的に素晴らしく丁寧に描かれていて、苦しくなりながらも一気に読んでしまいました。

子どもならではの残虐なシーンはいくつかありますので、苦手な人は本当にだめかもしれません。

私は今オトナで、自由を満喫しているけれど、私の子どもたちにとったらこの生活も大概窮屈だと思う。
そんな中で心も折らずに成長してくれていることに安堵したり感謝したりしているのでした。

-
シャドウ
04月 09日 * 08:09 * 道尾 秀介 *
-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
道尾秀介らしい小説。
主人公の鳳介と一緒に読者はずーんずーんと重たくなっていくのだけれど、
最後にひっくり返される。
最悪じゃあないけど、ハッピーエンドでもない。
やっぱりちょっとどんよりする、そんな感じも道尾秀介っぽい。


蓋を開けてみたら「えええええ?そういうこと?」ってなる。
あと、鳳介のお父さんが切なすぎる。

本当はさほど複雑な話ではないのだけれど、皆が皆口を閉ざすことによって物語が複雑になっていく。
どんでん返し的な物語の構成よりも、登場人物の心の動きがずーんとこちらの心にのしかかる。
軽い作品もきらいじゃないけれど、道尾秀介はこういう小説のほうが好きかも。

消えないし、ずっとあとまで影響する傷がつく事やそれを抱えて生きていかざるを得ない事はたくさんあって、
道尾秀介の小説の登場人物は、そういうものをずばーんと描いている気がする。
痛い思いをすることや、とんでもなく苦しむことは嬉しいことではないけれど、
それが後にもたらす事や物は悪いことばっかりじゃない。
それはその人のその後の生きようにかかっている。

面白くてさくっと読んでしまいました。


JUGEMテーマ:読書


-
月の恋人
03月 17日 * 14:47 * 道尾 秀介 *
-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
道尾秀介のいつもっぽくない小説。
どうやらドラマと一緒に企画されたもののようです。

そんなわけで「ああよかったねー」と安心して読んでいられるハッピーエンド。
出てくるキャラクターも素晴らしくよい、けれどヒロインに惹かれるメンズの多さはいつもっぽくない。
全体的にわかりやすい感じの小説です。

心の柔らかいとこをそのまんまで刺激してしまう弥生ちゃん。
この弥生ちゃんのモテモテっぷりと、そのモテに対する無自覚な感じがかわいらしい。

シリアスな重たい要素も結構あるのだけれど、ドラマ前提らしくすべてがなんとなく良い感じに収まる。
春の緩んだ季節に読むのにはちょうどいいほんわか小説でございました。
-
球体の蛇
03月 13日 * 01:29 * 道尾 秀介 *
-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
道尾 秀介
角川書店(角川グループパブリッシング)

スノードームの出口も入り口もない球体の中の雪だるま。
交わることのない球体の中と外。
象を呑んだうわばみ。

人の心は皆そんなようなもので、誰かの心のなかを開いて見ることは出来ない。
起きてしまった出来事の真相は、もう誰にもわからない。

道尾秀介の重たい方の小説です。
なかなか読んでいてもずっしりとした重さがつきまとう。
だがそれがいい。

スノードームの雪だるまのように、象を呑んだうわばみは決して再び象を吐き出すことはないように、
皆がそれぞれに決して外には漏らせない思いや気持ちを抱えている。
それはもう、他の誰にもどうしようも出来ない。

疑い出したらキリがない人の心の中は、だからこそ信じるしかないんだろうなあと思いました。

-
カササギたちの四季(春・夏編)・(秋・冬編)
02月 07日 * 08:09 * 道尾 秀介 *
-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
道尾秀介の小説は、軽さ重さが私にとって調度良い。
そしてすごく読みやすい。
登場人物のキャラクターが好き。

そんな理由で、なんとなく手にとって読む率が一番高いです。最近。
道尾秀介の作品の中でも(私が読んだ中では)至極軽い部類に入るんじゃなかろうか。この小説。
名探偵コナンみたいなつくり。毛利氏とコナン君のように、カササギのめちゃくちゃ推理を真相を推理したヒグラシがフォローし、こっそりと事件を解決してしまう。そんな感じ。

カササギ&ヒグラシの2人は愛らしくて、すっとぼけてて、可愛らしい。
本当に読みやすくてあっという間に2冊読み終えてしまいます。

なんとも言えない情けなさやすっとぼけっぷりは道尾秀介だなあ。。と思いながらクスクスしてしまう。

さらりとした読書がしたいときにおすすめです。

-
背の眼
12月 26日 * 01:37 * 道尾 秀介 *
-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
遠い昔に文庫本を買った小説なのですが、ひどい乱調本で交換する機会も逃しそのままになっていたものの再読。Kindleにて。
あの時に読んでおけばよかった……と思いました。心霊探求家で大学時代の同級生の真備と作家の道尾君シリーズの一番最初の物語。
登場人物のキャラクターがよいのです。キレッキレの真備とどっか抜けている道尾のコンビも素晴らしい。

ホラーミステリーになるのかな、、、物語は非常に日本のホラーらしい暗くてやりきれないお話でこれもよい。
舞城王太郎の「好き好き〜」にも通じる、超愛してる人を失ってしまった人のその後のありようが、この小説の中にはたくさん出てきます。

最後に駅員のおじいちゃんが言う「幽霊っていると思うかい?」という投げかけがとっても心を打ちました。
幽霊だろうがなんだろうがいい。愛する人にもう一度会いたいと思ってしまうのは、それは良くないことなのかもしれないけれどガチガチの本心だ。

その気持は、死別だって離別だって同じなのだとは思うのだけれど。
生きてたって死んでたって、もう二度と会えないならきっと同じ事だと思うこともあります。
と、これはこの小説の本題からそれる。

暗くて切なくてどろっとしたお話だけれど、とてもよい小説でございました。

-
龍神の雨
11月 02日 * 22:27 * 道尾 秀介 *
-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

ミステリなのですが、多分。
これまた非常に重たくて暗いお話でしたが、面白かった。
今まで読んだ道尾秀介の作品とは、若干カラーが違うように感じられました。

こっちの側面から観ていた事実をひっくり返したら違う事実が浮かび上がってくる、
その時には何もかもが取り返しがつかない。
そういうのってすごく怖いと思う。
取り返しがつかないという、あの心細さ、不安。
しかも登場する人物はほとんどが10代なのである。

その10代の中に割って入るモンスターなおとなの存在が一層気持ち悪い。

そんなお話でした。

気持ち悪さは実は最後まで読み終えてからも私の頭の中にひっかかっていて、
それを書いてしまうとネタバレになるのでやめておきます。

JUGEMテーマ:読書


-
花と流れ星
11月 02日 * 08:12 * 道尾 秀介 *
-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

どうやらシリーズものだった様子。
そんなこと知らずに買ってきて読んじゃいました。面白かったです。
さかのぼってシリーズ頭から読もうかなと思いました。

お化けが出てきたりするのだけれど、ミステリ。
短篇集で、「この謎が解けるか?」的な流れで話が進んでいきます。
シリーズものながら、シリーズを読んでいなくても登場人物の背景がうっすらわかるので気にせず読めました。

真備のキャラクターが非常にチャーミングです。

JUGEMテーマ:読書


-
骸の爪
11月 02日 * 07:59 * 道尾 秀介 *
-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

読んでいくとこのタイトルの意味がわかる。

仏像を作る人のことを仏師って言うって今まで知らなかったのですが、その仏師さんたちがいっぱい出てくる。
仏像が鬼に見えたりなんだり、あとは各仏像のうんちくやら何やら、そういう部分でも楽しめる小説。
あまりにやるせない話なのだけれど、大変おもしろかった。

この人の小説、好きだなぁ。

JUGEMテーマ:読書


-
向日葵の咲かない夏
11月 02日 * 07:58 * 道尾 秀介 *
-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

もう何年も気になりつつ手にとっていなかった本。

面白かった!なんで今まで読まなかったんだろうってくらい面白かった!
でもこの季節で正解なのかもしれません。夏に読むべき小説。

私はまんまと騙され続けて読みましたが、これ騙されなかった人いるんだろうかw
あまりの事態にネタバレしてから何度も読み返しちゃったのはきっと私だけじゃないって信じたい。
若干ファンタジーなのねえ。なんて思っていた自分のばか!ばか!
しかし騙された感じが爽快なのでよいです。

読んでない人は是非読んでみるといいと思います。びっくりできます。

JUGEMテーマ:読書


-
/ 1/1 /