本の記録
読書感想文。
admin


http://jugem.jp/
http://biancca.net/
終わらざる夏(上)(中)(下)
09月 15日 * 04:17 * 浅田 次郎 *
-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
浅田次郎の戦争小説。

浅田次郎の戦争小説といえば日輪の遺産があります。
あの小説も戦争を王道から描いた小説ではありません。「終わらざる夏」も王道ではありません。

一億玉砕、本土決戦、そんな言葉が合言葉のように飛び交う昭和20年の日本。
日本が負けるだなんて口が裂けても言えないような世の中でのそれぞれの立場の人々のお話。

太平洋戦争の終盤からポツダム宣言を受け入れるまで、
その後の千島列島で起きた占守島の戦闘までが描かれています。

オチがつくわけでも、きちんと終わるわけでもない小説です。
そしてすごく長い小説です。
最後は本当に、やるせない気持ちになります。
でも、フィクションだけれど本当にこういう人たちが実際にいたんだ。と浅田次郎はインタビューで語っていました。
戦争で亡くなった兵隊さんが何万人、民間人が何万人と数であらわすことは、すごくすごく高いところからの視点です。
視点をぐっと下げて人の顔の見えるところまで落としていけば、1人1人はそれぞれ、誰かにとってのかけがえのない人で、大切な人で、いなくては困る人たち。
一億玉砕だ!と言いつつも、彼らは自分の大切な人には生きていて欲しいと願うし、自分の大切な人のために死にたくないと思う。当然自分自身だって死にたくなんてない。
それは生き物として当然のことで、そんな当然のことすら口に出来ない、願えないなんて想像したくもない世界であります。

浅田次郎の小説なので、ものすごく浅田次郎っぽい描き方をしております。
あの感じが苦手でなければ、一読する意味のある小説ではないかな、と思いました。
それは、戦争ってどういうものか、戦争が起きている国の中ではどういう事が起こるのか、自分たちはどういう気持ちになるのか。そういう事を想像しやすくなるということです。

やっぱり戦争は嫌だな。と心底感じたりしたのでした。

JUGEMテーマ:読書


-
輪違屋糸里
04月 25日 * 08:34 * 浅田 次郎 *
-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

お久しぶりの浅田次郎。
新撰組です。幕末です。
浅田次郎の新撰組といえば壬生義士伝ですが、この小説はまた全く違った視点からの物語。

昔、浅田次郎の小説を「演歌だ」と言った人がいます。
その通りだなあと思いながら読みました。

女の人はつよい。と感じざるを得ない。
出てくる女の人が誰も彼も本当に魅力的です。つよくてやさしい。
で、浅田次郎の小説に出てくる女の人って感じだなぁ。

クライマックスのブチ切れた糸里がとってもかっこよいです。
泥臭いのが好きな人にはおすすめ。
私は好きです。


JUGEMテーマ:読書


-
/ 1/1 /